羽根物のススメ
最近のパチスロって疲れますよね。
面白いんですけどね。


そんなとき

羽根物


基礎的なことから学んでいきましょう。
適当に
基本事項
百聞は一見にしかず
ということで画像を利用して説明しましょう。


まず、青いところ(チャッカマンチャッカー)にパチンコ玉を入れます

緑の羽根が開きます。(真ん中は2回、左右は1回)
\    /
こんな感じ

画像では分かりづらいですが
\    /

というように羽根の中(役物という)Vゾーンといわれる入り口があります
そこに玉が入れば、メデタク大当たり
パチスロで言うところのやりおったボーナスです

玉を10個拾うか、羽根が18回開閉すると1ラウンド終了

Vゾーンに入れば継続
貯留といって、役物内に玉を一時的に留め置き、Vゾーンに入りやすくなる仕組みがとられています。
ですから、原則として継続していきます

大当たりは、通常15ラウンド




これだけです。

最近の台ではラウンド数を振り分ける機能がついており、紫の部分がそれです。
ラウンド数を振り分けるとは、前述の貯留機能が働くラウンド数が可変であるということです。
なので、うまくやれば3ラウンドに振り分けられたケースでも15ラウンド完走できたりもします
必勝法
そんなに勝ちたくはないかと思いますが
「必勝法」なんて馬鹿げた言葉ですから、あえて「必勝法」
釘を読む

見るのは上の青丸のところです。
右ふたつはとりあえず無視してもいいです。



細かい話はさておき、基本は

この玉の流れ

釘が上に向いていると玉が絡みやすく、下に向いていると弾きやすい


大抵は下向きの釘は凶です。



こんな感じで釘読み終了。




いや、打ってみれば分かるじゃないですか^^;
打ち方を考える
通常水色のところをめがけて打ちます(ブッコミ狙いという)

しかし
鳴かない(羽根が開かないことをいう)ときも泣かない

黄緑のところをねらって右からのルートにかける道もあります。
弱めに打ったり、やや強めに打ったり、試行錯誤こそ羽根物の醍醐味です。
ごく稀にですが、滅茶苦茶鳴くポイントを見つけられることがあります。
その際には、羽根の拾いにも注意して男泣きしてください(女も)

Tips
「Tips」
ネットっぽくないですか?^^;
役物には癖があります


Vゾーンに入賞しやすいもの、そうでないもの
その辺は打ってみないと分かりませんが、意識してみるとよいです。

すろっとる。的な他の人とは違った視点という見地からは
役物の癖は打ち方にもよる
ということを覚えておきましょう。

強めに入ったらVへいく
右から入ったらVへいくなど
止め打ち


非常にセコイですが、ラウンド間にインターバルがあるのでその間は球を打つのを止める(ハンドルにボタンがあるのでそれを押す)

あと、ラウンド中に玉が一挙に役物内に入りすぎると貯留がうまくいかない機種もあります。そんなときも止め打ち

私が嫌いなのはのり打ち
以上を踏まえて自分的攻略法はとりあえず困ったら右に流すです
野球と同じですね


おっと、偶然にも今回の羽根物画像は「ファインプレー」



クリーンヒットを放ってください。
ホームランはパチスロで。



HOME